仙台の医療用ウィッグ・かつら専門美容室です。女性用・男性用・子供用を承ります。抗がん剤治療や脱毛症、薄毛にお悩みの方はお気軽にご相談下さい

初めての方へ

ウィッグの選び方

ph_ILST_arai_01

医療用ウィッグと
ファッションウィッグ

医療用ウィッグとは 抗がん剤治療による脱毛や脱毛症の方や、事故やなんらかの理由で毛髪を失ったなどでお悩みの方が、 着用するかつら(ウィッグ)のことであり、頭皮の負担を軽減し、その方の用途に合わせて作られたウィッグのことを言います。
それ以外のウィッグをファッションウィッグといいます。

ph_ILST_kaburi_07a

ハンドメイド(手植え)と
マシンメイド(機械植え)

○ハンドメイドとは
人の手で髪の毛一本一本を植毛して作られます。とても軽く、通気性に優れており、希望のヘアスタイルが作りやすい。

○マシンメイドとは
機械(ミシンのようなもの)で大量生産で作製されます 。重く、縫い目が決まっているのでセットがしずらく通気性が悪い 。ファッションウィッグは主にマシンメイドで作られています。

○ハーフハンドとは
半分は機械植えで半分は手編みで作られているウィッグ。( 例えばつむじ部分は手編みで他は機械植えで出来ているもの)

ph_ILST_kaburi_07b

全頭タイプと部分タイプ

全頭のタイプ

ご自分の頭のサイズにあわせて作られるオーダーメイドのものや カラーやサイズを選んで作るセミオーダータイプのもの、既製品の三種類があります

 

部分タイプ

脱毛の進行の応じてカバーしたい部分だけを覆います。 他の残っている自毛に馴染むように作ることにより、自然に仕上がります

ph_ILST_bubun3

人毛と人工毛

人毛

パーマやカラーなどが可能。品質にばらつきがある。

人工毛

髪型の形状を記憶しているのでセットする手間がかからない 種類によって熱や静電気に弱いものがある。

人毛MIX

見た目も自然で耐久性もある 。

ウィッグの選び方

ph_ILST_arai_01

医療用ウィッグと
ファッションウィッグ

医療用ウィッグとは 抗がん剤治療による脱毛や脱毛症の方や、事故やなんらかの理由で毛髪を失ったなどでお悩みの方が、 着用するかつら(ウィッグ)のことであり、頭皮の負担を軽減し、その方の用途に合わせて作られたウィッグのことを言います。
それ以外のウィッグをファッションウィッグといいます。

ph_ILST_kaburi_07a

ハンドメイド(手植え)と
マシンメイド(機械植え)

○ハンドメイドとは
人の手で髪の毛一本一本を植毛して作られます。とても軽く、通気性に優れており、希望のヘアスタイルが作りやすい。

○マシンメイドとは
機械(ミシンのようなもの)で大量生産で作製されます 。重く、縫い目が決まっているのでセットがしずらく通気性が悪い 。ファッションウィッグは主にマシンメイドで作られています。

○ハーフハンドとは
半分は機械植えで半分は手編みで作られているウィッグ。( 例えばつむじ部分は手編みで他は機械植えで出来ているもの)

ph_ILST_kaburi_07b

全頭タイプと部分タイプ

全頭のタイプ

ご自分の頭のサイズにあわせて作られるオーダーメイドのものや カラーやサイズを選んで作るセミオーダータイプのもの、既製品の三種類があります

部分タイプ

脱毛の進行の応じてカバーしたい部分だけを覆います。 他の残っている自毛に馴染むように作ることにより、自然に仕上がります

ph_ILST_bubun3

人毛と人工毛

人毛

パーマやカラーなどが可能。品質にばらつきがある。

人工毛

髪型の形状を記憶しているのでセットする手間がかからない 種類によって熱や静電気に弱いものがある。

人毛MIX

見た目も自然で耐久性もある 。

ライフスタイル別に考えてみる

01

お仕事優先の方

お仕事をされる方はウィッグが気にならないよう(仕事の邪魔にならないよう) より、まず見た目が自然であるか?長時間つけていてストレスがたまらないか、不快感はないかを重視。

02

お家にいることが多い方

お家でつけている場合は長時間つけていることは少ないので 急な用事や来客が来たときでも慌てないように着脱が簡単にできるものを選びましょう。

03

外出が多く、いろんなところに出向くことが多い方

見た目が自然であるか?アレンジがしやすいか?などをポイントにして選んでみましょう。

ウィッグのつけ方

  • ph_ILST_kaburi_01a

    1.ウィッグネットを付けます

    締め付け感が気になる場合は直接ウィッグを被ってもOK。

  • ph_ILST_kaburi_02

    2.ウィッグの左右のもみあげ部分をもちます

  • ph_ILST_kaburi_03

    3.前から後ろに被ります

  • ph_ILST_kaburi_04

    4.抑えながら襟足部分を引っ張ります

  • ph_ILST_kaburi_06

    5.アジャスターまたは襟足部分を調整して整えます

  • ph_ILST_kaburi_07b

    6.整ったらブラッシングしたりアレンジします

生え際よりも5mmウィッグの額部分先端がくるようにあわせるとより自然に見えます。

部分ウィッグ編

  • ph_ILST_bubun1

    1.カバーしたい部分に合わせます

    定まらない場合は目頭、目尻、鼻の中心線など目印を決めて合わせます

  • ph_ILST_bubun2

    2.定まったらクリップで自毛に引っ掛けて留めます

  • ph_ILST_bubun3

    3.自毛となじませてブラッシングしたりアレンジします

ウィッグのつけ方

  • ph_ILST_kaburi_01a

    1.ウィッグネットを付けます

    締め付け感が気になる場合は直接ウィッグを被ってもOK。

  • ph_ILST_kaburi_02

    2.ウィッグの左右のもみあげ部分をもちます

  • ph_ILST_kaburi_03

    3.前から後ろに被ります

  • ph_ILST_kaburi_04

    4.抑えながら襟足部分を引っ張ります

  • ph_ILST_kaburi_06

    5.アジャスターまたは襟足部分を調整して整えます

    生え際よりも5mmウィッグの額部分先端がくるようにあわせるとより自然に見えます。

  • ph_ILST_kaburi_07b

    6.整ったらブラッシングしたりアレンジします

部分ウィッグ編

  • ph_ILST_bubun1

    1.カバーしたい部分に合わせます

    定まらない場合は目頭、目尻、鼻の中心線など目印を決めて合わせます

  • ph_ILST_bubun2

    2.定まったらクリップで自毛に引っ掛けて留めます

  • ph_ILST_bubun3

    3.自毛となじませてブラッシングしたりアレンジします

ウィッグの洗い方

清潔に保つことが、長く使用できる秘訣となります

  • ph_ILST_arai_01

    1.丁寧にブラッシングして裏返しにします

  • ph_ILST_arai_02

    2.シンクまたは洗面器に水を貯めます

  • ph_ILST_arai_03

    3.100円玉大のシャンプー剤を溶かします

    シャンプーはシリコン入りをお勧めします。

  • ph_ILST_arai_04a

    4.ウィッグを裏側(頭皮にあたる面)にしてつけ置きします

  • ph_ILST_arai_04b

    5.汚れやにおいが気になる場合は押し洗いします

  • ph_ILST_arai_05a

    6.2~3分置いたら貯め流します

    流水は避けてください

  • ph_ILST_arai_06
    7.シリコン成分の高いトリートメントを毛に付けて手順6同様に貯め流します

    ※毛の損傷によってトリートメントのつける量も変えることをおすすめします。

  • ph_ILST_arai_06
    8.次にリンスし、手順6同様に貯め流します
  • ph_ILST_arai_08
    9.タオルでよく水気を拭き取ります

    ねじりしぼりは型くずれの原因になるので注意!!

  • ph_ILST_araii_09
    10.放射状に梳かしてスタンドにかけて自然乾燥します
  • ph_ILST_araii_10
    11.乾いたらドライヤーやコテで整えます

ウィッグの洗い方

清潔に保つことが、長く使用できる秘訣となります

  • ph_ILST_arai_01

    1.丁寧にブラッシングして裏返しにします

  • ph_ILST_arai_02

    2.シンクまたは洗面器に水を貯めます

  • ph_ILST_arai_03

    3.100円玉大のシャンプー剤を溶かします

    シャンプーはシリコン入りをお勧めします。

  • ph_ILST_arai_04a

    4.ウィッグを裏側(頭皮にあたる面)にしてつけ置きします

  • ph_ILST_arai_04b

    5.汚れやにおいが気になる場合は押し洗いします

  • ph_ILST_arai_05a

    6.2~3分置いたら貯め流します

    流水は避けてください

  • ph_ILST_arai_06
    7.シリコン成分の高いトリートメントを毛に付けて手順6同様に貯め流します

    ※毛の損傷によってトリートメントのつける量も変えることをおすすめします。

  • ph_ILST_arai_06
    8.次にリンスし、手順6同様に貯め流します
  • ph_ILST_arai_08
    9.タオルでよく水気を拭き取ります

    ねじりしぼりは型くずれの原因になるので注意!!

  • ph_ILST_araii_09
    10.放射状に梳かしてスタンドにかけて自然乾燥します
  • ph_ILST_araii_10
    11.乾いたらドライヤーやコテで整えます

ONLINE SHOP

オンラインショップ

お気軽にお問合せください